<< 君にとってのドゥカティが、僕にとっての音楽なのかもしれない(そうじゃなきゃいいなとも思うけど)。 | main | 生きる。 >>

負けを認める理由なんてないし意地を張らない必要だってねーよ。ばか!



先週末から奥さんは里帰りに行ってしまった。

3日に1度は帰ってきてください!
カレーでいいですから!
せめて洗濯だけしに来てください!!
と半泣きで懇願したが、
この子が生まれたらあんたのことなんかかまっとれんで、
自分のことは自分でやれるようにしなさい。
と想像以上の真顔で言い残し、彼女は去っていった。

僕は悲しみに暮れながら、
しかし、実は心の奥底では歓喜に沸いていた。


結婚、その前の同棲生活から振り返ってみると、
それまでの人生では考えられないような、短納期・長サイクルであった。
僕のほうが家に帰るのが遅いから、
たまに彼女が飲みに出て終電で帰ってくるとき、
そうでなければ、彼女が風呂から上がるまでの十数分、
それだけが僕の時間だった。

もちろんヘマはできない。

昔、よりにもよって素人の水着姿の画像集を、これまた運の悪いことに拡大させたまま電源を切ってしまい、
当時彼女だった奥さんがパソコンを開き、開口一番、
あんたこんなんで興奮すんの?
なんて吐き捨てられことがあるから、後処理にも抜かりはない。

けれども、もうそんな心配は564(ご無用)である。


早速今日、 僕は家に帰ってすぐさまパソコンを開き、DVDを挿入した。
ヘッドフォンを装着し、ボリュームは大音量。
もう誰にも邪魔はさせない、ウェルカムバックマスターベーション(おかえり)と思わず呟きかけた。

すると、ケータイからメールの着信音が。
どれどれ?
こんなタイミングでメール送っちゃうドジっ子は誰かな〜?と覗くと
奥さんから、
早く寝なさいよと入っていた。


やれやれ、全てお見通しだとはね☆



まぁ、こんな話はどうでもいいんですが、 2月5日に引き続き、3月4日もライブが決まりました。

僕がスタッフをやっていて、随分と活動休止をしていたオーバーテイクが復活するのだ。 どのみち行くからついでに出るのだ。

休止以来、ずっと連絡も取り合ってなかったけれど、
僕の結婚式のサプライズムービーを撮ることをきっかけに再会して、
あれよあれよととりあえずライブするんだって。

休止してから、けっこうグダグダ言う人がいたりして、
もう休止したんやでグダグダ言うてもしゃーないやんけ。
つーか俺に言ってくんなよめんどくせーな。
と僕は傍観してたけど、
もっかいライブが見られるのはやっぱり嬉しいし、
でも、それ以上にもっと感謝してほしいと思ってます。


新曲、島さん(サポートドラム)ちょっと嫌そうやったけど、やってくれるかな。


今年も残りあとわずか!
やり残したことはやり残したまま、忘年会にて忘れてしまって、
新たな気持ちで年を迎えて、結局また繰り返す。
なんてことがあってもいいと思うぞ僕は!


うんうん!いいじゃん!
なんかそういうの鈍臭くて、ね!




♪ Friends Of Mine / The Zombies


コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM